SCROLL DOWN
佐藤 あずさ

お客様に「選べる」楽しさを提供したい

佐藤 あずさ
2010年入社
商品部 アシスタントバイヤー

採用試験で出会った先輩社員の「大変な仕事だよ」という言葉に触発され、ぜひ挑戦してみたいとグッデイに入社。売場係、リーダーを経てアシスタントバイヤーに就任。女性ならではの視点で季節商品の売場などを手がける。

業務内容と、達成感を味わったエピソードを教えてください。

佐藤 あずさ

紙や洗剤などの日用品と、基礎化粧品などの装粧品の2部門をバイヤーとともに担当しています。その中でも私は装粧品がメインで、商品の選定や数字の管理、バイヤーに同行して商談に参加するなど、仕入れに関わる様々な業務を行います。最近では、季節ものの商品を展開する売場を一から任され、販売計画を組むところから、商品投入、在庫管理までを一貫して手がけました。前年の売上を上回ることができ、とても達成感を感じています。

やりがいを感じることを教えてください。

佐藤 あずさ

苦労を感じる部分でもありますが、数字に対する考え方です。店舗にいた頃は主に売上が高い部分を見るので、中身を分析するところまではしていませんでした。しかしバイヤーは、単に売上を上げるだけではなく、いかに効率を上げていくかも課題です。売上はもちろんですが、在庫や利益率まで細かく見ていく必要があります。また、これはバイヤーの特権でもあるのですが、旬な情報や新商品をいち早く知ることができるので楽しいですね。

佐藤さんが考えるグッデイの魅力とは?

佐藤 あずさ

品揃えの豊富さです。虫除け剤一つにしても、ベランダに吊るすプレートや網戸に塗る薬剤など、幅広い品揃えから選ぶことができます。生活スタイルによって様々なニーズが生まれる日用品だからこそ、「選べる」ことがとても重要です。また商品投入時にはシミュレーションルームを使い、実際に商品を配置して棚割を作成します。小柄な女性でも見やすい150cmの高さに売れ筋商品を置くなど、ディスプレイにもお客様目線を大切にしています。

今後の目標について教えてください。

これまで売場で培った経験を活かし、苦手分野や課題を克服しながら、ベテランバイヤーの下でバイヤーの仕事についてもっと多くを学びたいと思っています。グッデイのスタッフは役職に関わらず知識が豊富なので、社内で情報交換や切磋琢磨できる環境が整っています。市場の動向やトレンドにもアンテナを張り、ただ「選べる」だけではなく、そこに楽しさも見出していただけるような、魅力的な商品を仕入れるバイヤーになりたいです。

BACK LIST←