SCROLL DOWN
古賀 英樹

自ら考え、動くことができる人の集まる店舗へ

古賀 英樹
2014年入社
長尾店 店長

多くの人の喜びに貢献できる仕事がしたいと小売業界を志し、建築学科で学んでいたことから建材などに関われるグッデイに入社。長尾店の店長として全65店舗中トップ2の売上をキープしながら店舗運営を行っている。

業務内容と、店づくりへのこだわりを教えてください。

古賀 英樹

お客様対応、売場管理、人材育成、売上管理など、店舗運営に関わる業務全般を担当しています。現在の長尾店は店長としては5店舗目の担当で、売上が高く責任感の強いスタッフが集まっています。店づくりの考え方としてはシンプルで、お客様の要望を聞く、できない場合には代替案を提案する、作業効率を上げることを常に意識する、スタッフみんなで協力して働くといった、「当たり前のことを当たり前にやる」ことを大切にしています。

スタッフに接する上で心がけていることは何ですか?

古賀 英樹

自主的に考えて行動できる人材を育てるため、つまずいたスタッフを起こしてあげるのではなく、つまずかない方法を教えてあげるといったスタンスで接しています。褒めて伸ばすというやり方が時代に合わなくなってきたのか、最近では褒められると達成感に浸り、そこで成長が止まってしまう人が多いように感じます。褒めるよりも、頑張りをきちんと見ていることを伝えて共感することで、継続して次のチャレンジに進んでもらえるようにしています。

やりがいを感じることは何ですか?

古賀 英樹

一番はお客様に喜んでいただくことです。コロナ禍の園芸・DIYブームで来客が増えましたが、まだマニュアルもきちんとなかったような頃から、飛沫防止パネルの設置など、店舗で思いつく限りの安全対策を徹底し、安心してお買い物していただける環境をつくることができました。何よりもスタッフが最前線でお客様に対応し、尽くしてくれたおかげです。これはその時いたメンバーでしか経験できないことでもあるので、とても誇りに思っています。

これから実現していきたいことを教えてください。

店舗の責任者として、まだ向き合いきれていない数字にもきちんと対応していきたいと思っています。売上が伸び悩んでいる部門があれば、自店の問題なのか競合店の影響なのかを正しく見極めるために視察を行い、見つかった課題に対して、ゴンドラの本数増や価格調整など、効果的な対策を早急に検討します。そこにプラスしてお客様に寄り添った接客サービスを提供できれば、おのずと売上は伸び、店舗としても成長していけると信じています。

BACK LIST←