SCROLL DOWN
木下 亜紀

お客様もスタッフもワクワクするような売場づくりを

木下 亜紀
2009年入社
小野田店 店長

高校生の頃から起業への憧れがあり、商売に携わりたいとグッデイに入社。採用試験で出会った売場スタッフや人事の人柄に魅力を感じたのが決め手となった。現在、女性初の店長として小野田店の運営を行っている。

業務内容と、店長になった経緯を教えてください。

木下 亜紀

ヒト・モノ・カネの管理です。会社の方針や目標に対して立てた戦略をスタッフに落とし込み、実行していく役割を担っています。私は売場係、リーダーを経て店長に就任しましたが、突然の人事だったので、正直リーダーとしてまだやりきれていないという思いがありました。私でいいのだろうかと最初は悩みましたが、任せてくれた会社に報いるためにも、女性初の店長として、私が道をつくっていこうと前向きに考えるようになりました。

店づくりで心がけていることは何ですか?

木下 亜紀

お客様もスタッフ自身もワクワクするような売場づくりを心がけています。例えばレジャー用品を魅力的にディスプレイするなど、やってみたい、使ってみたいという気持ちを起こさせる「魅せる売場」をもっと増やしていくことが必要だと思っています。また、小野田店にはグリーンアドバイザーが2名在籍しているので、その強みを活かし、地域コミュニティでの出張ワークショップなど、親近感のある緑のアドバイスを積極的に行っていきたいです。

木下さんが考えるグッデイの魅力とは?

木下 亜紀

私の入社理由でもあるのですが、グッデイには素敵な人が集まっています。もし自分がお客様だとしたら、嫌いな人がいる店には行きたくないですよね。グッデイのスタッフは、もう一度この店に来たいと思わせてくれます。かしこまった接客でなくても、お客様に寄り添って会話を楽しみ、気持ちを汲み取ることで、誠意はきちんと伝わります。立場上、よく他店の視察に行くのですが、接客に関してはグッデイが一番だと自信を持って言えますね。

これから実現していきたいことを教えてください。

会社をつくるのは「人」です。売上もお客様満足も全て、スタッフが楽しく働けているかどうかにかかっています。体調が悪そうなスタッフにはこちらから声をかけたり、ただ指示するのではなく、「私はこうしたいけど、あなたはどう思う?」と意見を聞いたり、スタッフが前向きに気持ちよく働ける環境をつくっていきたいと思っています。まずは今年の売上目標を達成することが必須ですが、ゆくゆくは人事の仕事にも携われたらと考えています。

BACK LIST←